長くソープ通いを続けていると、福原が大きく様変わりしたことに気づきます。閉店しては新たな店が出店する・・という新陳代謝を繰り返すこの街は世間の流行をすぐに反映して時代の波に遅れないように喰らいついている感じもするのです。テレビなどで「最近この言葉をやたらと聞くな??」(コスプレ、学園、清楚系、アイドルなど)・・などと思っていると、1ヶ月くらいで必ず福原の看板でその語句を見かけます。

それが性風俗業界のしたたかさでもあり、それが好きな人にはたまらないのでしょう。私のようなソープ歴20年の者から言わせていただくと「ソープは特別なもの」という価値観であります。昔はどの店に行っても同じようなファッション、メイク、ヘアスタイルで、それはラウンジやクラブなどに近い「お水くさい」雰囲気の泡姫ばかりでした。時代の流れには逆らえませんが、最近そういった泡姫がいるソープ店は限られてきたように思います。

アイドルや女子大生みたいな娘たちはどうしても自分の娘を連想してしまい、いまひとつ欲情が高まりません。それがこの間ふらふらと福原を歩いていた時にある店が気になって入ったところ、なかなかのエロスを感じさせる泡姫に遭遇し、久々の満足感を得ることができたのです。

『ゴールデンパルコ』名前は聞いたことがありましたが、来店はその時が初めて。古くからある老舗だそうで、自宅のパソコンでホームページを検索すると出てきました。在籍泡姫を確認すると大人の雰囲気のあるエロエロな娘たちが多くいて、年齢もほどよい30歳前後と、大人の女性の旬を迎えた食べごろばかりです。

初燈籠の泡姫は裏を返そうと思っていましたが、他も気になり試してみたくなりました。メルマガ会員になると全コース2000円OFFにになるとのことですぐさま加入し、予約を入れました。写真では顔が切れてはっきりと確認できませんでしたが、長年の勘で「間違いなし」と予想し、H姫を指名予約しました。

店構えはそこそこですが、隣に高級店のアローclvがそびえ立ち、どうしても見劣りしてします。店内はきれいにしてあり、それなりの別世界感はあります。受付カウンターで精算し、待合室で新聞を拝借して時間を過ごします。15分で案内となり、エレベーター前で対面。

少し肉付きが良いが、決して肥満ではない大人の色香を感じる女性で、地方のラウンジなどによくいるお水系です。これでここは2連勝決定、と喜びながらエレベーターにて個室へ案内されます。しゃべり方、物腰、気遣いとどれをとってもちょうどよく、余計な緊張をしない程度に礼儀正しいのです。

プレイは上々でした。特にマットプレイが良く、ソープならではの満足度があります。風呂周りやマットの準備、ゴムの装着の速やかさ、サービスとサービスの繋ぎ目の身のこなしなども素晴らしかったです。喘ぎ声はエロく反応もよく、心地良い気分でムスコを慰めてあげることができました。

たまたまサービスタイム(オープンから14:00まで)にかかっていたので5000円引きの80分23000円で楽しめました。これからも長く続けていただきたいお店です。

  • ◆ おすすめブックマーク
  • 吉原に40年以上いるというカリスマソープ嬢を追った
  • 料金別全店リスト~中洲ソープ徹底攻略~
  • 吉原の大衆ソープランド一覧 | 吉原ソープスタイル
  • ◆ おすすめムービー