ソープランドは、性風俗店の中でもやや値段が張る業種のものです。
高級ソープなどでは100~120分しっかり遊べるとはいえ、値段も60,000円を超えることは珍しくなく、ちょっと一般庶民には気軽に行けるというものでもありません。
逆に料金をケチり過ぎても不完全燃焼ということも多く、十分な満足感を得られるお店を選ぶならば予算を20,000~30,000円ほどは見ておきたいところです。
大阪を中心とした関西地方であれば、この予算でもしっかりとしたお店を選ぶことが出来ます。

20,000円台で楽しめる関西地方のソープというと、雄琴や福原といったソープ街が有名です。
特に福原では、地域的にも福原ソープ街を推している関係もあり、多くの客を呼ぶためにも低価格帯の店が非常に豊富で、この予算ですと結構余裕を持ってお店を選ぶことが出来ます。

福原で20,000円台でしっかり楽しめる店としては、『仮面の館』『B-2nd』『M-Dolls PREMIUM』『遊遊倶楽部』などが挙げられます。
『仮面の館』は、60分総額21,000円で30代の女性のみが在籍している、熟女・人妻系のお店です。
福原という比較的若いコンパニオンの女性が多い地域では、やや年齢が高めとなっていますがその分サービスには定評があります。
ここには系列店で同価格帯の『仮面貴族』と格安店の『ドンファン』というお店があります。

『B-2nd』は、60分総額25,000円となっていて、ピンサロのような花びら回転が楽しめるというお店です。
花びら回転というのは、時間内に複数の女性が入れ替わりでサービスを行うもので、最短コースの60分なら2人が相手をしてくれる2回転、100分ならば3回転まで可能となっています。
また、ポイントカードを取り入れており、1pt1円として1000ptから割引に使用することが出来るという、ソープランドでは珍しいタイプの割引を行っています。
このカードは系列店である『ビギナーズ』でも利用することが出来ます。

『M-Dolls PREMIUM』は、Mの女性とのプレイをコンセプトにおいた店で、ご奉仕・癒しといったものを中心とするプレイが魅力となっています。
ベッドプレイコースとマットプレイコースがあり、ベッドは60分総額25,000円、マットは80分総額33,000円という価格設定です。

『遊遊倶楽部』は、『仮面の館』と同じように人妻・熟女系がコンセプトの店ですが、より高い年齢の女性が中心となっています。
30代後半~40代中盤までの女性が在籍しており、より熟達したサービスを受けることが出来ます。
値段は60分総額21,000円で、花びら回転コースというのもあり、そちらは80分~となっています。

ソープの満足感は入った女性でほぼ決まるとはいえ、店という大まかな括りでも当たり外れはあるというのが常です。
これらのお店は、福原ソープ街が組織する組合の加盟店ですので、加盟していない店よりかは外れは少ないと考えられます。

  • ◆ おすすめブックマーク
  • 吉原に40年以上いるというカリスマソープ嬢を追った
  • 料金別全店リスト~中洲ソープ徹底攻略~
  • 吉原の大衆ソープランド一覧 | 吉原ソープスタイル
  • ◆ おすすめムービー