横浜というと、やはり有名所は中華街ですが、実はソープ業界でもちょっとした地域だったりします。すぐ近くに川崎という巨大ソープ街があるため、あまりその存在は知られていませんが、横浜もなかなか良質のソープランドが揃う地域なのです。今回は、そんな横浜ソープの中でもトップを争う高級店であるVIP特別室というお店のお話です。

まず、VIP特別室がどういう店なのかというと、横浜市中区福富町西通りにある110分入浴料25,000円(税込)となっている高級店です。総額では60,000円をちょっと超えるくらい、高級店としては真ん中ぐらいの店と言えるでしょう。場所は、JR関内駅から徒歩10分といった所で、辿り着くまでにかなり小さい路地が入り組んでいる所を通るので、土地勘が無いと地図があっても迷うかもしれません。周辺には何軒もソープランドがありますが、どこも建物自体は普通のビルみたいな感じなので、看板をしっかり見ないと見落とす可能性も。しかし、VIP特別室はかなり大きい建物ですから、看板もちょっと高めで見つけやすいです。

店に到着して中に入ると、まずボーイさんが声を掛けてきます。店内の内装は結構豪華で、大理石のような良い素材が使われてそうな感じで、高級店としての雰囲気はしっかりと出ています。予約している旨を伝え料金を支払うと、待合室に通されます。待合室に通されるとそこには数人が既に待ち状態で、最近は高級店に訪れる人が減ってきているとは言うものの、途切れない程度の人気はありそうです。

予約時間をちょっと過ぎた辺りで、呼ばれてコンパニオンの女性と対面。写真とは若干イメージが違う感じがしましたが、そういった印象はメイク一つでどうにでもなってしまうので不問として、容姿などのパネマジは無いように思えました。部屋に案内され、一見すると部屋の広さも雰囲気もなかなか良い感じですが、高級店ということを考えれば平均クラスではないかと感じました。挨拶からのアシスト脱衣、即即してからのマット、再度ベッドと基本的な流れと、基本的なサービスはしっかりしていました。

合間合間にお話した感じでは、高級店のコンパニオンらしく話題も豊富そうで、知識なども多く非常に魅力的な方だと思います。このレベルの女性が揃ってるなら、この値段も十分納得のいくのではないでしょうか。

感想としては、設備、女性、サービスともに高級店として恥じないレベルに収まっているという印象です。高級店ですから頻繁に通うということは難しくても、たまに行くなら良い店です。

  • ◆ おすすめブックマーク
  • 吉原に40年以上いるというカリスマソープ嬢を追った
  • 料金別全店リスト~中洲ソープ徹底攻略~
  • 吉原の大衆ソープランド一覧 | 吉原ソープスタイル
  • ◆ おすすめムービー