性風俗というのは、いつの時代でもあるもので、一説には人類最初の職業とも言われています。
文明が進んだ現在でも性風俗というのは無くならないものではあるのですが、現在の日本では法律によって規制され、表立って営業をすることは難しくなっています。
ソープランドなどはその良い例で、現在は日本で最大規模のソープ街である吉原においても、規制によって老朽化した建物を修繕することすら難しくなっています。
吉原であってもそんな状態ですから、地域によっては摘発されて完全に無くなってしまった地域もありますし、摘発は逃れたものの細々と営業をしている地域もあります。

そんな地域の一つに、四国地方があります。
四国地方にあるソープランドの数は、約40軒前後と数だけはある程度の数があると思われるかもしれませんが、実際にまともに営業出来ている店の数というとその半分以下と言うところでしょう。
午前中から店を開けていても、コンパニオンの女性が揃っていないために待機している女性が居なかったりして実質営業出来ない状態であったり、中には当日の出勤が無くて系列店舗からの振替になることも少なくないようです。
そんな中で、各都道府県で比較的評判が良い店舗というのがいくつかあります。

愛媛の『LUNA』は、45分総額15,000円、100分総額30,000円の料金設定で、四国の値段設定からしても比較的安めで遊ぶことが出来るお店です。
20代前半の女性を中心に在籍しており、最近人気が高くなってきた店です。
『重役室』は、80分総額25,000円で、20~40歳まで幅広い年齢層の女性が揃っており、年齢層が高い分サービスを重視しているのが特徴となっています。

香川の『多恋人』は、90分入浴料10,000円となっていて、20代前半の女性が多く在籍しています。
この地域では高級ソープに分類されていて、そのサービスは高い評価を受けています。
『和楽』は、60分入浴料5,000円で、30歳前後の女性が中心となって営業をしている店です。
有料オプションでコスプレがあり、通常のサービスの他にも様々な遊び方が出来る店となっています。

徳島の『アクア』は、45分総額16,000円で10代の女性も在籍しているという店で、ネット上でも話の種になることが多いお店となっています。
サービスの方もなかなかのものであるという評判で、コスパの良い店で高い人気を誇ります。

高知の『アラビアンナイト』は、40分総額16,000円で30歳前後の女性が多いお店で、やはり年齢層が高めなせいか丁寧なサービスが受けています。
コースによってはマットもありますし、この価格帯では珍しくなったマットの技術を持った女性も多いので、お手頃な価格でしっかりとソープの満足感を味わえるお店です。

これらのお店は、ソープの数が限られてしまっている四国でも比較的良い評判が多い店となっていますので、四国でソープを楽しむ際には候補に入れておいても損は店と言えます。

  • ◆ おすすめブックマーク
  • 吉原に40年以上いるというカリスマソープ嬢を追った
  • 料金別全店リスト~中洲ソープ徹底攻略~
  • 吉原の大衆ソープランド一覧 | 吉原ソープスタイル
  • ◆ おすすめムービー